おすすめ期間工求人の探し方を紹介

自動車工場や電子部品メーカーの工場での期間従業員としての仕事のことを期間工と呼びます。自動車工場のライン工などは、とても給料が良いですが、電子部品メーカーの工場での仕事などは、一般的な契約社員の仕事と同じ給料であることも多いです。大きく分けると、自動車工場での仕事を選ぶか、それ以外の電子部品メーカーなどを選ぶかということが1つのポイントとなります。電子部品メーカーの工場での仕事は、小さな部品を扱うような仕事も多く、体力に自信がない人や、女性でも働けるということがメリットです。しかし、寮費や水道光熱費は給料から引かれてしまうことも多く、それほど福利厚生が充実していないこともあります。時給は1,000円~1,200円くらいと、自動車メーカーでの仕事に比べると低めに設定されている傾向があります。

給料を重視するなら、自動車工場がおすすめ

給料を重視するなら、やはり自動車工場の期間工がおすすめです。時給は1,200円~1,400円くらいとかなり高めですが、その上さまざまな手当てがつきます。食事手当て、皆勤手当て、入社祝金、満了金支給などと、福利厚生が充実しています。残業手当や休日出勤手当てなども、通常は25%となっていることが多いですが、30%~50%くらいになっていることもあります。寮費・水道光熱費が無料というポイントも、とても重要です。正社員として働いている人は、住宅手当が2万円~4万円くらい支給されるといことも多いですが、寮費・水道光熱費が無料という福利厚生は、場合によっては5万円以上も住宅手当が支給されているのと同じくらいの節約効果があるでしょう。正社員でも住宅手当をもらっていない人も多いので、ある意味で正社員よりも恵まれていると言えます。

同じ自動車工場の期間工でもメーカーによって差がある

自動車工場の期間工の仕事は、給料が良いという面では共通していますが、細部まで見てみると、かなり差があることがわかります。また、仕事をしていると、予期せぬ事態が起きることもあります。皆勤手当てが月に4万円支給される求人は、メリットが大きいですが、体調を崩してしまって、3ヶ月連続で欠勤を1回ずつしてしまったというケースでは、皆勤手当ては4万円×3か月分もらえなくなります。また、入社祝金が20万円もらえるが、満了金が20万円の求人と、入社祝金はでないが、満了金が40万円の求人では、最初の6ヶ月間は同じですが、1年働くと、後者のほうが20万円得をします。最初の6ヶ月間の給料だけでなく、1年以上働いたケースで、どのくらい給料が上がっていくのかといった部分もチェックしておきましょう。