働く前に期間工求人の傾向と相場を比較しよう

期間工で働きたいという人は、まずは求人の傾向と相場を把握して、比較をしましょう。どこのメーカーでも給料が高いので、結果は変わらないと考える人がいますが、実はそれなりに差があります。また、職場の雰囲気などは実際に働いてみないとわからない部分ですが、インターネットに動画があがっていたり、体験談が書かれたりしていますので、参考にしてみましょう。どこのメーカーでも寮費・水道光熱費が無料と書かれている傾向がありますが、寮費として1万円~2万円程度かかるところもあります。寮費・水道光熱費が無料であるのと、一般的な賃貸マンションの家賃がかかってくるのでは、大きな差ができますので、必ず確認をしておきましょう。すべての期間工求人で寮費・水道光熱費無料という特典がついているわけではありません。

給料の相場はどのくらい?手取り金額を確認!

期間工の給料はとても高いですが、月収はだいたい25万円~32万円くらいが相場になっています。残業がなくても25万円くらいは稼げるので、かなり条件は良いです。残業をたくさんした場合には、月収が32万円を超えることもあります。残業がどのくらいあるのかは、実際に働いてみないとわかりません。同じ工場でも、部署によって残業があったり、なかったりしますので、どこの部署に配属されるのかということも重要です。また、配属される部署によっては夜勤があるということも理解しておきましょう。どこの部署に配属されるのかは会社が決めることなので、労働者は選べないこともあります。どうしても夜勤が嫌だという人は、最初から夜勤の可能性がない求人に応募するようにしておきましょう。

入社祝金と満了金どちらが重要?

自動車メーカーから出されている期間工求人の特徴として、入社祝金の満了金がたくさんもらえるということがあげられます。しかし、メーカーによって、その金額に大きな差があります。入社祝金と満了金のどちらが重要になるのかは、人によって異なる問題です。6ヶ月働いて、その後は他に仕事に就く予定があるという人なら、入社祝金のほうが重要になるかもしれません。しかし、2年、3年と長い期間働くつもりの人にとっては、満了金がたくさんもらえるほうがうれしいでしょう。入社祝金は最初の給料と一緒にもらえるので、借金を抱えているという人にとっては、一気に借金を返済してしまえるというメリットがあります。人によってメリットの大きさは異なりますが、短期間だけ働きたいという人は、入社祝金のほうを重視しておくのが良いでしょう。