制作会社別のサービスから考えるPR動画作成依頼時の着眼点

PR動画を作成依頼時により具体的な動画のイメージを持つ必要はないですが、何を伝えたいのかをはっきりさせておくことは大切です。どのようなイメージを伝えたいのか、自社の商品などを、どのような観点で見てほしいのかなど、さまざまな着眼点があります。それによって多くのタレントにコネクションがある制作会社を選ぶのか、CGや特殊効果が得意な会社を選ぶのかなど、得意な分野がある制作会社を探すことが、より自分たちが求めているPR動画を作ってもらえることになります。もちろんその他の点にも注意する必要はあります。コスト、納期、窓口になる人達の態度など、さまざまです。ただ着眼点はさまざまですが、目的は自分たちが望むPR動画を作ってもらうことです。どこまで自分たちのイメージを具体的に理解してくれるのかが大切です。

PR動画の制作会社に依頼するなら見積もりを必ずもらう

PR動画の制作会社だけの話ではありませんが、依頼する時に明確間費用と制作内容の話をわかりやすくしてくれることが、大切です。どのような商品も見積もりを取りますが、内訳がしっかりしていることは当然です。PR動画という、内訳が分かりづらいものでも、機材使用料や、人件費、タレント代や、CG制作費、企画費などが明記されており、これ以上の費用の追加がある場合、明確で必要な処置であるのかを前の段階で説明してくれるという点は、非常に大事です。またそれに伴い提案力も必要になります。得手不得手は会社によってありますが、自分たちが求める動画を、より正確に、またより良い物にしてくれる会社は何種類も、または精度の高い提案をしてくれます。言った物をそのまま作るのであれば、制作会社を使う意味は半減します。プロの手によって、自分たちのイメージをより良くしてもらいたいから依頼するのです。

PR動画制作会社の財産はさまざまなノウハウと人材

テレビやネットで動画を見ない日はなく、CMを見ない日は難しいです。その中で、興味を持っている人だけが意識してもらうCMなのか、会社を知ってほしいために流すCMなのかによって、その内容は全く違います。同じようにPR動画もどの媒体で、何を目的にするのかによって違いが出てきます。社内や関係者にのみ配布するのか、ショッピングモールなどのスクリーンに流したいのか、テレビCMなのか、動画サイトのCMに使いたいのか、これだけでも、さまざまな仕掛け方があるのです。制作会社はPR動画を作成するための技術や人材、機材だけでなく、さまざまなノウハウを持っていることこそが、財産ですので、応募フォームから適当に依頼するのではなく、問い合わせ後、必ず目を見て様々な話をすることでその片鱗を探る事ができます。